※上記SSは「Destined Marionette」再生中。

「ちょっと語りたいしそのうち記事にでもしようか」と前に言ったBMナントカについて
前の記事ではいろいろ説明も足りてないし、改めてちょっと語ります。
当時はいろいろ問題とかもあったらしいけど、歴史的なものは今回は端折ります。

まず第一にどんなゲームなのかというと、基本的には見たまんまですね。
オブジェクト(ノート、キーノートとか呼ばれる)が「上」(とか横とか)から流れてくるので
それが規定のラインと重なった瞬間に対応するキーを押す(「叩く」とも言われる)っていう
音ゲー(音楽ゲーム)とかリズムゲームとか呼ばれる類の…。
ある意味、アクションゲームの一種ともいえるのかな?
某K社の「DJシミュレーション」ゲームに酷似してるけど
関連性は一切ございません。


…ございませんったらございません。

元々は「BM98」というフリーソフトがまずありまして…。
※「BM」は「Be Music」の略らしいです。某ゲームと関連性は(ry
それは、誰でも自由に作成することができる「BMS」という
音楽データの一種を再生するためのアプリケーションです。

この「BMS」とは、いわゆる「譜面」(ノートの並び方)等が記述された
拡張子「.bms」のファイル自体を指すこともあるけど、その「.bms」ファイルと
キーを叩いた時に鳴る音や、BGMとして流れるwav/mp3/ogg等の音声ファイルを合わせた
「譜面+音声データ」のセットで、大抵は「BMS」と呼ばれます。
ものによっては、BGA(BackGround Animation)と呼ばれる
bmpやjpgによるパラパラアニメが付属していることもあります。
なお、譜面等が記述されたデータファイルは.bmsではなくて
.bme(7Key)とか.pms(9Button)っていう拡張子の場合もあります。

この「BMS」を再生する(ゲームとして遊ぶ)ためには
「BM98」という「BMSプレイヤー」…いわゆる「本体」が必要になるわけなんだけど
時代とともに、BM98以外にも数多くの「本体」が作られてきました。
冒頭のSSはその中の1つ、韓国の方が作成したMixWaver][(以下MW2)を使用しています。
…nPr○にさえ感染してなきゃ韓国製でも私は別に構わないよ?(*'ω'*)
現在はLunaticRave2(以下LR2)が主流らしいですね。(※配布サイト消滅)

…と、文章で説明するとなんだかややこしいけど、要するに
 1.いずれかの「本体」をDLしてインストール(解凍)する。
 2.「BMS」を各BMS作者のサイト等からDL(して、必要なら解凍)する。
 3.本体フォルダ内のbmsフォルダあたりに、解凍したBMSをフォルダごと入れる。
という手順が必要になるというだけです。このゲームで遊ぶには。

基本的にはキー5個+スペースとか左Ctrlとかの「エフェクト」の6個のキーを使うけど
先述のBMEとも呼ばれる「7Key」(エフェクトもあるので厳密には8個のキーを使う)や
PMSとも呼ばれる「9Button」(これは本当にキー9個だけ)の譜面もあって
そのキー数に対応した本体が必要になったりもします。
(元祖「BM98」は完全に5Keyだけで、7Key等には対応してなかったりしました。)
先述のLR2とか、他にもナナシグルーヴとかは全部に対応してるっぽいですね。

私が使用しているMW2は5Keyと7Keyに対応してて、これをメインで使ってるんだけど…。


※スキンは「NCLA3号」、譜面は「The Beginnings」(※どちらも配布サイト消滅)

5Key譜面はもうやらなくなってて、でも曲としては気に入ってたりして
そういうBMSは「ふぃーりんぐぽみゅせかんど」(以下ぽみゅ)という
どこかで見たことある気がしないでもないUIの「本体」でプレイしてたりします。
と言いつつ7Key譜面の曲をこれでもやったりすることはあるけど。
※これもまた某ゲームと酷似してるけど関連性は一切ございません。
見ての通り、本来は9Button(PMS)用のプレイヤーなんだけど
5Keyや7Keyの譜面も自動的に9Button譜面化してくれるのが有り難いですね。

ぽみゅは、配布元の作者サイトが今は無くなっちゃってるんだけど
Colorful Channelというユーザー企画が過去にありまして
ぽみゅと数十曲のPMSデータがセットになったものが配布されていたりします。
つまり、これをDLすれば、ぽみゅは手に入ります。
PMS(曲)ばかりか、キャラも大量に入ってるし、スキンも付属してます。
こういった、ユーザー企画のBMS(PMS)詰め合わせ的なものは
他にもいろいろある(あった)みたいですね。

他にも、矢印型の4つのノートでプレイする「Delight Delight Reduplication」とか
※これもまた某ゲームと酷似してるけど関連性は(ry
「BMSプレイヤー」には違いないけど「譜面」に合わせて出てくる弾幕を避けるという
全くもって「音ゲー」ではない「おたま」とか、様々な「本体」があります。
基本的にはLR2を使っておけばいいんじゃないかな(適当)(*1)
[(*1)2016/02/02追記]
現在、LR2も、残念ながら配布サイトはなくなってしまっているようです。
と、なると、これからBMSを始めようという人への、オススメのBMSプレイヤーは…。
個人的には、オススメできそうなのはcharatbeatHDXあたりでしょうか…。
何せこれ、Win7や8.1や10にまで対応を謳ってるし。
現在も開発が続いてる…?か、どうかは判断しづらいところだけど
少なくとも、2016年2月現在、サイト更新はされてて作者さんの生存は確認できるので。
PMSもやる人ならナナシグルーヴでもいいかもしれません。

[更に追記]
実はLR2本体付属の新規さん向けBMSパッケージも存在していたようです。
BMS Starter Pack 2009
[おまけの追記]
私自身は昔もその後(※2019年4月現在時点)も変わらずMW2を愛用し続けてます。
起動後にほぼ直で選曲画面に行けるのと(LR2なら「ほぼ」でなく完全に直だけど)
選曲画面で一度に表示される曲数が多くて見やすく、曲を選びやすいのが気に入ってて
なかなか他の本体には移れないでいます(´∀`;)


さて、改めて、ひとつ言っておきたいことがあるんだけど…。

「音ゲーをやり始めるためのハードルは決して高くない。」

という言葉に、決して嘘偽りはないということです。

それはまあ蠍火(穴)だの冥(穴)だのみたいな廃人専用譜面とかもあったり
果てはサーカスギャロップみたいな自動演奏専用(※文字通り)の曲もあるわけだけど
そういうのは、何百、何千、或いは何万、もしかしたら何億とでも
無数に存在する曲のごくごく一部の譜面に過ぎないのであって…。
それに、いきなりゲーセンのアーケードで、大勢の上級者が観てる中で
プレイしろって言われたらいろんな意味で難易度☆14どころの話じゃない気がするけど
家で1人で(或いは身内で)やる分には、何も気負うものもありませんしね。

冷静に見れば、使うキーはたった7+1(あるいは5+1や9)個だけであって
(細かいことを言えば曲選択で↑↓とか、オプション設定とかで他のキーも使うけど)
そしてオブジェクトが落ちてきたらそれに合わせてタイミング良くキーを押すだけという
簡素なゲームとすら言えるでしょう、基本的な部分に目をやれば。

…ただ、やっぱり音ゲーは基本的に対戦型ゲームの類ではないので
「『敵』を倒したい」「『相手』に勝ちたい」というような欲求を抱えた人には
向かないゲームではあるでしょうけどね。自分との戦い(キリッ

…と、まあ、語りたいことはこんなところです。
ハードルがどうこう話したんだから、これから始める初心者にオススメの曲とか
紹介するべき…っていうか、流れ的にするのが当然なんだろうけど…。

…私のHDD(SSD)には初心者向けのBMSとかもう特に入ってないっていう(´∀`;)
強いて言うなら、5Keyになるけど先述の「The Beginnings」のeasy譜面とか…。
単なる「お気に入り」については前にちょこっと貼ったので、そっち参照で。
(残念ながら現在では手に入らないBMSが多いけど。)
うーん、ちょっと探してみて、何か良さげなのがあったらまた記事にしようカナ?
欲を言うなら、ビートマ◯アのチュートリアルモードみたいな「入門用」のBMSとか
どこかの誰かが作ってくれたのがあればいいんだけどナー。

…いっそ自分で作ってみる…か…?
DTMどころか作曲経験すら完全にゼロのこの私に作れるとも思えないけど…(´∀`;)
何もちゃんとした「曲」じゃなくて、あくまでも練習用譜面っていうことでなら
それっぽいのは作れなくもない…かも…しれ…ない…と…イイナ…。
前の記事次の記事