【CWCRPG/PC】クーヘン2018/03/17 カテゴリー:TRPG
[お知らせ]
TRPG「カードワースチャットRPG」では、オンラインセッションへの参加希望者を
随時募集しています。未経験者大歓迎。よろしければこちらの記事もご覧下さい。


[ご注意]
当記事の内容はTRPGの自キャラについて語るだけです。そういうのがダメな人は回れ右。

なお、CWCRPGに関しては以前の記事を参照で。

思い出語りもまだ途中だけど、新PCを作成&セッション参加したりしたので
今回は、新たに作成したそのPCについて、いつもの自分語りをば(゚∀゚)


「僕はクーヘン。賢者の塔で勉強をしています。
 今日はどうぞよろしくお願いします。」

名前:クーヘン 種族(*1):獣人(男性) クラス:魔術師
作成時のステータス:心12/技2/体7 HP14/MP6
武器:スタッフ(AT1)

[キャラ解説]
賢者の塔に所属。
塔で勉学に励む傍ら、学費や生活費と実地経験のために冒険者稼業を営む。

[顔絵の元素材提供元](※独自に加工させていただいてます)
ツキヤミソウ。「フリーキャラクター・ファンタジーセット2」
この場を借りて御礼申し上げます。
※利用させていただいている素材の製作元のサークル様、及び作品は
 特にCWやCWCRPG、その他TRPG等との関連性があるものではありません。


[(*1)補足:獣人について]
一般公開されている「基本ルール」とは別の、非公開の「アドバンスルール」の種族。
「獣人」という呼び名は他の種族(人間等)とは少し違っていて
特定のひとつの種族を指す名称ではなく、獣寄りのタイプ(全身毛皮とか)から
獣耳だけなど程度のほぼ人間型まで、様々な種族が存在する…という設定。
詳しくはIRCのチャンネル「#カードワース」まで。(IRC#CWの案内サイトはこちら。


これまでに盗賊戦士(前衛)、聖戦士(後衛ヒーラー)とPCを作成してきたので
それらとは違う役割をこなせるタイプのPCとして作成。
具体的には、心の高いPCがPTにいない時に出す感じかな、基本的には。
心も技も体も、PT全体でどの判定もこなせる方が安定するだろうと思うんだけど
どうしても魔術師以外は心は低くなりがちなので。

この4人目(いわゆる4th)までで、一通りの分野のPCは作成した感じですね。
強いていうなら、純支援職あたりがいないぐらいかな。兼業ヒーラーはいるけど。
「キャラ」の案自体はもう何人分かはネタのストックがあったりするんだけど
現時点では、この4thを最後として、もう新しいPCを作成する意志はなかったりします。
ネタはストックしておけばPCが死亡・ロストしてもすぐ新PCを作成できるし(´∀`)

2ndの戦士はドワーフ+戦士っていうある種のテンプレな組み合わせだったわけだけど
ある意味ではそれと同様で、この獣人魔術師は心(魔力)特化の完全後衛になります。
ただ、新種族の獣人を選択したことで、心に極振りした割には体が異様に高いです。

技が完全に死んでるから「回避」は絶望的だし、魔術師は盾も装備できないので
いくら体(HP)が高くても、物理攻撃に対しては、ほぼ無力みたいなものだけど…。
どの道、魔術師は敵に隣接されたらその時点で負け、みたいな面もあるわけだから
そこは前衛の皆さんに壁を頑張ってもらう方向でヾ(*´∀`*)ノ

そんな感じなので、このPCはシステム的な部分、特に戦闘に関することについては
語れることは多くなかったりします。本当に純粋なただのメイジっていう感じ。

…で、冒頭のキャラ解説、これまでに比べると異様に簡素ですね。
詳しい話はまた機会があったらしたいと思ってたりするんだけど、実はこのキャラは
7/2/12か9/2/10のまさかの「技」捨ての肉壁聖戦士として当初は考えられたり
一人称が「儂」で「_老人口調」な、いわゆるショタジジイになる予定だったりと
ゲーム的にもキャラ設定的にも、いろいろありすぎたキャラでした。
顔絵が_♂で_子供なのは、それらの流れの唯一の名残。(※実年齢設定は未定。)

ともあれ、最終的には、ある意味で初心にかえるという方向性になりました。
1stの時みたいに、またいろいろ設定が「生えて」くるのも楽しいかなって。
今は、キャラメイクしたばっかりで、まだ特に何も「生えて」きてないから
いろいろ「生えて」きたら、その時にまた改めて記事を書こうカナー?

ちなみに名前の由来は、ごく単純に バウムクーヘン からです。

………うん、いや、うん…うん(・∀・;)

例によってキャラ設定と併行して名前も散々迷ってたりしたんだけど
ネットであれこれネタを探してたら、ふと バウムクーヘン が目について
「いや流石にそれはないでしょ」と思って即ボツにしたはずだったんだけど
何故だか、その後もどうしても、その没案が頭から離れなくって…。

設定もほぼカラっぽのキャラだし、逆にそのぐらいの安直さも悪くないかと思って
それまで長ら~く悩んでたとゆーのに、ふっと湧いて出たこの案を
「最終的」にはあっさりと採用してしまうに至りました。
本当、なんでこれが気になって仕方なかったんだろうか…。
別に、どうしても バウムクーヘン が食べたかった、とかいうわけでもないし…(´∀`;)

いっそ、開き直り切ってフルネームを クーヘン・バウム にする案すらあったけど
流石にそれはなさすぎると思って、そこまではやめておいた、っていう
すっっっごくどうでもいい裏話があったりなかったり?(ノ∀`;)

…ただ、先述の通り、キャラ設定の大半を決めてないキャラクターではあるし
今後、フルネームがそれになる可能性も、ゼロでは…なく…ない…くない…かも…。
お菓子つながりで「クーヘン・フォンダン」とか「クーヘン・ビスコッティ」とか
そんな案もあったりするし、姓なしで確定の可能性もあるし、とにかく「未定」デス。

何はともあれ、魔術師として生を受けたからには、魔剣韋駄天
エターナルフォーススリープクラウド(相手は寝る) で
ガンガン無双して逝きたいと思います(^p^*)
前の記事次の記事