[お知らせ]
TRPG「カードワースチャットRPG」では、オンラインセッションへの参加希望者を
随時募集しています。未経験者大歓迎。よろしければこちらの記事もご覧下さい。


実は前々からやりたいと思ってたんだけど、どうにも機がなくてやらずにいた
CWCRPG(カードワースチャットRPG)の各クラス(職業)の自分なりの短評。
ちょうど他に記事のネタもないことだし、ここらで書き散らしてみようかと。
需要などというものは知ったこっちゃない。それがチラ裏クオリティ(*'ω'*)
当記事の内容はあくまで個人の見解に過ぎないことは予めご了承クダサイ。
なお、CWCRPG自体に関しては上述の案内サイトや以前の記事をご参照下さい。

あと、今回の内容は、アドバンスルールに依存する部分もちらほら出てきます。
詳しいことが知りたい場合は前述の案内サイトよりお問い合わせ下さい(いつものステマ

【戦士】
活躍期待度…★★★★★ 必要度…★★★★★ 初心者オススメ度…★★★★★

…のっけから星が満点祭りデスネ。
というわけで戦場の華、戦士様から。

前にもいったけど、戦闘が1回も発生しないシナリオは、まず「ない」と思うので
戦士の活躍は、毎回のようにわかりやすく期待できるでしょう。
反面、戦闘外での活躍は少なめになりがちだったりはします。
一応、戦闘外でも隊列を組む際には先頭やしんがりを務めることは多いですけどね。

必要性に関しては言わずもがな、壁役にもなる前衛の戦士は明らかに必須です。
ただ、後衛型の場合は必要度は★2程度まで下がるかもしれません。
後衛型でも前衛型と火力は変わらないんだけど、戦士はアタッカーとしてよりも
敵の前に壁として立ちふさがり、仲間を守ることが最重要となるクラスです。
前衛の戦士がいるからこそ後衛キャラは安心して攻撃や援護ができるというもの。

基本的には敵にくっついて攻撃していればいいので、初心者にも難しくないでしょう。
敵PTの編成が複雑な場合は難しい立ち回りを要求される可能性もあるものの
そんな時のフォロー的な役目は他職(主に盗賊と聖職者)が担うのが基本でもあるので
やはり戦士は初心者にはほぼオススメのクラスです。

【盗賊】
活躍期待度…★★★★☆ 必要度…★★★★☆ 初心者オススメ度…★★☆☆☆

戦闘での必須職が戦士なら、探索における必須職が盗賊です。
探索に必要となるステータス「技」は物理攻撃の命中判定にも関わるため
「技」を高くしているであろう戦士系のキャラでも探索を担えなくはないものの
盗賊はほぼ無条件で判定ボーナスを得られることもあり、安定感は段違いです。

ただ、探索要素が一切「ない」シナリオは、戦闘が「ない」シナリオに比べれば
十分に存在し得るので、戦士ほどは活躍を確約されてはいないでしょう。
しかし、探索要素が「ある」場合、盗賊がいないと話にならない…ほどではないけど
いないと大変に苦労した(※経験談)ので、ほぼ必須といって良いでしょう。

この通り、活躍は期待できるし、役割もはっきりしていて
これまた「わかりやすい」ように思える盗賊だけど
逆に、各人に必ず役割があり、順々に手番が回ってくる戦闘とは違い
探索パートではこれでもかというほど集中的に負担がかかってくるため
ある程度は慣れたプレイヤーでないとパンクしてしまう危険があるかもしれません。
更に逆に、ガンガン「行動」したい、ダイスを振りたい、という人ならオススメ。
これは余談みたいなものだけど、特にオンライン(テキスト)セッションの場合は
行動が多い=チャットでの発言回数が多いってゆーことになってくるので
チャット入力のための高速タイピング技術も割と重要になったりならなかったり…。


TRPGの盗賊はTRPG「ならでは」の楽しみを体験しやすいクラスだとは思うので
個人的には一度はやってみてほしいと思ったりもします。

【魔術師】
活躍期待度…★★★★☆ 必要度…★★★☆☆ 初心者オススメ度…★★★☆☆

これも前にちょこっといったことがあるけど、魔術師以外のクラスのキャラクターは
どうしても「心」が低くなりがちなため、心による判定(知識、知力等)の際には
魔術師がいると安定感がぐっと変わってくることでしょう。
また「魔力感知」の技能を標準で有しているため、魔力の判別もお手の物です。

「魔剣」(攻撃力強化)、「韋駄天」(命中、回避強化)は物理職から見ると
かえてもらえれば有り難いことこの上ない、至高の魔術です。
「眠りの雲」の凶悪性はしばしばGMをも悩ませる、まさに禁呪。

…しかし、残念ながら、これらは「なくてもなんとかなる」というのが現実だったり。
(魔剣や韋駄天を他人にかけてもらうことを前提とした能力のキャラはまずいない。)
また「魔法の矢」「炎の玉」のような派手な直接攻撃の魔術は
効率を考えるなら基本的には逆に使わない方がよかったりするため
いってしまえば地味な存在になりがちなクラスです。

とはいえ「地味」というのは、言い換えれば「渋い」ともいえるかもしれません。
「魔力感知」以外にも「下位古代語」をデフォルトで習得しているので
識者系のキャラとしてやっていきやすいことは間違いありません。

ともあれ、立ち回りとしては、戦闘では原則としては後衛以外の選択肢がなく
基本は支援、手が空いたら魔法の矢を撃ってもいい、程度で、わかりやすいと思います。
ただ、戦闘外では、シナリオによっては、戦士系の力仕事や盗賊の調査探索に比べれば
少々難しい言動を要求される場合があるかもしれないので、オススメ度はやや減点で。

【聖職者】
活躍期待度…★★★☆☆ 必要度…★★★★★ 初心者オススメ度…☆☆☆☆

初めにはっきり申し上げます。聖職者は保険です。そして保険としては必須です。

実のところ、あらゆる観点から、なかなか扱いの難しいクラスだと思います。
単純に、回復役がいると安心感は段違いで、もしものことを考えると、やはり必須職。
ただし「誰もダメージを受けず戦闘が終わった」という場面は少なからずあります。
低レベル向けシナリオなら、なおのこと、そういったパターンは多くなるでしょう。

「活躍できなくても仲間の心の支えになるならそれでも構わない」というような
相応に献身的な人でなければ務まりがたい部分があるクラスかもしれません。

また、戦士には及ばないものの、能力値次第では盗賊よりは火力を出せます。
ただし、それを為すには基本的には魔力(MP)とのトレードオフとなる上に
そもそも火力キャラをやりたいなら素直に戦士系を選べばいいだけなので
これはなかなか玄人向けのビルドといえるでしょう。

かといって純粋な魔力型、後衛型のビルドにした場合、誰かが怪我を負わない限りは
最重要の仕事ではある回復魔法が活躍することは決してありません。
回復以外の補助魔法も効果が超限定的なので、使用機会はそうそうないでしょう。
「待機も立派な仕事のうち」とすっぱり割り切れるような人でなければ
戦闘においても、戦闘以外でも、常に歯がゆい思いをすることになるでしょう。
逆に、平時はただ後方待機してるだけでいいので、ある意味では初心者向け。

ビルドや心構えによって扱いが大きく異なるので判断も難しい部分はあるんだけど
「上手い具合にビルドして立ち回りにも気をつける」
「何も考えず『心』特化にして必要時以外は後方でニート待機」
どちらかは必要になると思うので、後者もメンタル的な意味で初心者さんには
逆に厳しいものがあるかと思って、初心者オススメ度は「難あり」で。
単純なプレイ難易度の話としては、後者のタイプなら戦士以上に簡単ではあります。

【精霊使い】
活躍期待度…????? 必要度…★★☆☆☆ 初心者オススメ度…☆☆☆☆☆

初めにはっきり申し上げます。難しいクラスです。初作成PCでは原則選択不可なほどに。

マルチクラス的な性能なのになぜか基本クラスとして設定されている精霊使い。
魔術師と聖職者と盗賊を足して4で割って+αしたような極めて微妙な性能。
精霊使いを評するなら、本当ならしっかりした解説をした上での必要があるんだけど
精霊使い自体が(CWCRPGにしては)複雑なシステムを組み込まれてるので今回は割愛。

基本的な性能としては、精霊魔法による攻撃、支援、回復、なんでもできます。
そして短剣、杖に加えて、主として盗賊が使用する短弓(低攻撃力)も扱えるので
MPを消費せずに、盗賊とほぼ同等の援護射撃を行うこともできます。
更にはデフォルトで「夜目が効く」という精霊使い固有の能力を持っているため
夜間、暗所での探索は、場合によっては盗賊を凌ぐこともあるでしょう。

ただし、魔法を使うなら「心」が必要、弓を使うなら「技」が必要と
これまたビルドが悩ましいクラスであり、何よりも問題となるのが
攻撃、支援、回復のいずれの魔法も、魔術師や聖職者が使う魔法に効果では劣り
暗所のペナルティこそ無視できても、逆に暗所以外では盗賊に勝てる道理は皆無で
ビルドを一歩間違えれば「劣化魔術師」「劣化聖職者」「劣化盗賊」に成り果て
間違えずとも結局のところ本職には敵わないという、極めて扱いづらいクラスです。

とはいえ、1人のキャラで攻撃、支援、回復の全ての魔法が使えるのは強いです。
精霊魔法にしかない効果の魔法もあるため、上手く扱えば「劣化○○」ではなく
ちゃんとした「精霊使い」というキャラにすることが可能でしょう。
逆にいえば「精霊使い『ならでは』」の持ち味を活かすため、特性をしっかり理解して
方向性をきちんと定め、よく考えたビルドをしなくてはならないクラスです。

まとめると、活躍できるかどうかは、完全に、時と場合とビルドと腕次第。
PT編成上の必要度は、面子次第だけど、少なくとも他に優先するべきクラスはある。
そして初心者にオススメできる理由は何ひとつとしてない。
使いこなせれば強いものの、くり返すけど、本当に難しいクラスだと思います。

以上、基本クラス編でした。なおマルチクラス編の予定は未定ヾ(*´∀`*)ノ
マルチクラスはなあ…「初心者オススメ度…☆☆☆☆☆」が並ぶだけだしなあ…(ノ∀`;)
私自身、魔戦士と忍者は持ってない上に構想すら考えたことないから評しづらいし…。
まあ聖職者と精霊使いも持ってないんだけど。聖戦士は持ってるけど。
あ、ちなみに「玄人オススメ度」は基本もマルチも全クラス★MAXで(*'ω'*)

何度もいうけど、当記事の内容は、あくまでも私の個人的な見解です。
特に聖職者の必要度が★5なのは、かなり私自身の過去の経験に依存してると思います。
正直、客観的にはヒイキ目に見ても★4がせいぜいかなっていう気も…(´∀`;)
ちなみにヒイキ目に見て★4なのであって、ヒイキ目に見ないなら…まあ、うん。

それと今回の「オススメ度」は、あくまでもTRPGを「ゲーム」として見てのものです。
本文中でも少し挙げたけど、立ち回りとか、ビルドの難しさとか
あと覚えることの多さとか、そういった面だけを考慮して★の数を決めています。

何か「こんなキャラにしたい、それにはこのクラス」っていう希望や構想があるなら
それに沿ったクラス選びとキャラメイクをするのが一番のオススメです。
そうやって生まれたキャラは、ゲーム攻略の面でにせよ、それ以外の面でにせよ
必ず何かしらの「活躍」ができる機会もあることと思います(゚∀゚*)
私の「初心者オススメ度」は、そういった構想が特にない人向けでもあるのかも。

最後に、今回、それぞれのクラスについて簡単に語ってみたわけだけど
正直にいって、ほとんどのことを解説できていません。
最初はもっといろいろ書いてたんだけど、かなりの字数を泣く泣く削った…。
のだけれども、それでもまだ長くて、更に更に削ってあるっていう…(´∀`;)
どのクラスにも私の書いた内容以上の中身と、そして魅力が詰まっているので
興味を覚えたものがあればIRC#カードワースへと足を運んでいただいて
どうぞ気の済むまで根掘り葉掘りお尋ね下さい(いつものry
前の記事次の記事