2019/10/17 【Elona】エタフォ武器(吸)|2018/05/24 【Elona】エタフォ武器(英)
2018/11/24 【Elona】エタフォ武器(沌)|2018/04/12 【Elona】エタフォ武器(害)
2018/07/11 【Elona】エタフォ武器(狩)|2018/02/15 【Elona】エタフォ武器(死)
2018/05/27 【Elona】エタフォ武器(暗)

はい。
グレネ+ダメージ系発動のエタフォ武器を狙って、長らく願い杖リロとかやってたけど
別件で少し調べ物をしてたら、本当にそれでいいのか、ふと疑問が湧いたりしまして。

本題としては「グレネ+αの複数の攻撃系の発動効果がついた武器」と
「レベルアップで全属性追加ダメージをつけたグレネ発動つきの生き武器」とでは
「最終的に」は、果たしてどっちの方が強くなるのか、です。
今までは「最終的に」は前者の方が強いと根拠もなしに思い込んでたんだけど
ちゃんと検証したことはなかったので。…なのになぜ自信満々だったかは不明(゜∀。;)

[注意]
これ以降は解析情報に基づく話題を取り扱っており、内部数値にも触れます。
普通にプレイしている限りでは絶対に知り得ない情報を含むものであり
特に今回は、具体的な計算式を利用したり、開発言語の仕様にまで触れて行きます。
普通にプレイしている人が読むと、ゲームの楽しさを損なう恐れがあります。
当記事の閲覧等は、以上を予めご了承の上、自己責任の下で行って下さい。


また、普通に何か勘違いや計算ミスをしてたりする可能性はあるので
この記事の内容の全てが全て正しいとは限りません。
もし何か誤りがあるようであれば、それは閲覧者各位が自力で見つけて
その部分は決して参考にしないようにして下さい。
(全力投球の丸投げ)
特に端数の処理は割とテキトー(一応、基本は都度切り捨てのつもり…)デス(ノ∀`)

そして、調べて計算すれば誰でもわかることを延々と語ってるだけでもあるし
今までにも同じようなことを何回か言ってるけど、何か情報を求めているのであれば
期待しすぎてもガッカリすると思うので、そういう意味でも自己責任でヾ(゜∀。)ノ

まず「○○属性の追加ダメージを与える」のエンチャントの話から。
これで与えられるダメージは、耐性・弱点なしの相手に対しては
結論からいうと、属性1つにつき32,772が最大です。
これはElonaの開発に用いられている「HSP」というプログラミング言語における
標準の擬似乱数生成関数の仕様に由来する制約です。詳細はアヒれ。

ただし、この数字はあくまでも理論上出力可能な最終火力であり
この威力の数値を出すためには、相応の主能力やスキルのレベルが必要です。
また、追加ダメージ算出の計算式にはエンチャントの強度も関係してきます。
このあたりの話は複雑になりすぎるので今回は割愛とさせて下さい。
今回は、あくまでも「最終的に」という段階の話であるということでご了承を。
(たぶん各スキルや主能力が1000もあれば殺戮なしでも届くと思いま…すん。)

火炎、冷気も含めた全11属性で、単純計算で合計360,492が最大値になります。
しかしながら、この数字もまた、あくまでも理論上の最大値であり
実際は属性ごとに5~32,772の間で、毎回ランダムに変化します。

更に、先にも少しだけ触れた通り、Elonaには耐性(弱点)というものがあります。
NPCの耐性は生成時の経験レベルによって上昇し、それが上限に達してる場合は
魔法属性以外の属性ダメージは100/350になり、1~9,363に軽減されます。
(これに関しても、すくつなどで耐性は上限に達していることを前提とします。)

よって、追加属性ダメージは9,363*10属性+32,772=合計126,402が最大値となり
期待値(理論上平均値)としては、攻撃命中1回ごとに63,195となります。

ちなみに、火・冷を除く場合は最大107,676、期待値53,833です。

さて、次に「グレネードを発動する」のエンチャントについての話です。
こちらは、オーバーフローでもしない限りは、言語の制約等は特にありません。
武器スキルに大きく依存するので、仮に武器スキルは2000としておきます。
また、エンチャントの強度も多少なり影響しますが、そちらは0として計算します。

上述の条件下ではグレネ発動の威力(ダイス)は250d2503になるので
ダメージは250~625,750となりますが、これに距離修正による補正が加わります。
距離「1」でロスがなくなりますが、計算式の都合上、距離「0」では威力が上がるため
相手が爆発の中心にいれば333~834,333になり、ここから耐性による軽減も加味され
最終的には95~238,380、期待値としては119,238になります。

ここでグレネは必ず発動するわけではないという点を考慮する必要があります。
グレネの発動率は90%なので、確率通り10回に1回だけ発動しないものとすると
1回あたりではダメージは85.5~214,542、期待値としては107,314.2です。

最後に、グレネ以外の直接的ダメージ系の発動エンチャについてです。
これらは主能力も関係してくるので、それらも2000として計算します。
ここからは、耐性、距離修正も含めた計算結果だけを並べていきます。
「最終期待値」は発動率を考慮した攻撃命中1回あたりの期待値です。

轟音の波動/混沌の渦(351d1669)
 [訂正]ダメージ100~167,376 発動率12% 最終期待値:10,048.56
 ダメージ133~223,169 発動率12% 最終期待値:13,398.12
 距離修正見落とし。大変失礼しました。やっぱり間違いあったね!たぶんまだあるよ!

暗黒の光線/幻影の光線(501d805)
 ダメージ143~115,230 発動率15% 最終期待値:8,652.9

ライトニングボルト/アイスボルト(501d774)
 ダメージ143~110,792 発動率15% 最終期待値:8,320.05

電撃/地獄/神経ブレス(134d258)
 ダメージ38~9,877 発動率15% 最終期待値:743.7

はい。

もはや、これ以上は計算や考察の必要もありませんね。
基本的には複数発動グレネ武器よりもグレネ生き武器の方が強いです。
よって「『最終的には』グレネ生き武器より複数発動武器の方が強い」っていうのは
大体ウソでございました大変申し訳ございません。…はいヾ(゜∀。;)ノ

ただ、完全にウソというわけでもないのが難しいところだったりもします。
というのは、ボール系とボルト系は威力が魔力にも依存するので
知者の加護を極めて、魔法威力ブースト生き武器(Lv15超え)を持てば…?(゜∀。)
………っていうのは、また果てしなく廃レベルの話でもあるんですケドネ(=∀=;)
ちなみに、改めて調べてみたら、知者の加護(+轟音、混沌、ボルト)の話は
ハイジンスレとかいう決して人類が足を踏み入れてはならない魔境でも既出デシタ。

これもハイジンスレで少し触れられてた話でもあるけど、ブレス系の試算結果が
計算ミスなんじゃないかっていうぐらい恐ろしく悲しいことになってるのは
単純に威力が耐久にのみ依存(スペルパワーは関係しないっぽい)だからデス。
前に出てたグレネ[***]電撃ブレス[**]武器を使って、実際にちょっと試してみたら
今の私だとグレネが数千ダメージで、ブレスは100も出ない程度でした。これはひどい。

魔力は(廃人なら)際限なく上げられるけど、耐久は、ほぼどうにもできないから
実はブレス発動って(廃人視点では)論外クラスのハズレなんですね…(´∀`;)
まさか威力にスペルパワーが影響しない(=武器スキル値が関係しない)とわ…。

プレイ時間もそろそろ1200時間になろうかっていう、パッと見では廃人の私だけど
あまりにも知らないことも多いし、やっぱりまだまだ初心者だね!ヾ(*´∀`*)ノ
…実際のプレイで検証するわけでもなく、単に解析を利用してるだけなのって
ぶっちゃけ、純粋なプレイヤーとしての廃人とは明らかに別物ダシネ(´∀`;)

冒頭でずらっと並べた願い杖の成果、そしてそれに費やしてきた莫大な時間も
実は全部が大体無駄だったことだしね!ねー!ねーーー!ヾ(*゜∀。*)ノ

ヾ(゜∀。) ;.;..

ヾ(゜∀ ;.:.;:..

ヾ( ;.;.:..;..

 ;:. :.. .. .
い、いつか真の廃神になれたらその時に使えるし…(´;ω;`)
グレネ+首狩りとかは普通に使えますし…英雄も一応…。
前の記事次の記事