※装備Mod等の情報は前回参照。
というわけで割とがっつりやってました、TES5 Skyrim(・∀・)
単純にハマってたっていうよりも、ちょっとした目標的なものがあって…。
ひとまずは「そこ」まで行けたので、今回はそれに関していつもの雑文を。

見ての通り、結局、今回も破壊魔法を使っていくんだけど、今までとはちょっと違って
2周目以来ぐらいになるかな、かなり本格的に破壊魔法をメインにしていく予定です。
ただ、やっぱり、どうしても破壊魔法一本で行けるようなゲームじゃないんですよね。
ポーションなり料理なり、何らかのアイテムにでも頼らない限りは…。

…で、それはそうと、冒頭のSS、見る人が見ればわかると思うけど
なんだか、ちょーっと、何かおかしいところがありますね?(゜∀。)
※視点はR(視点切り替え)キー押しっぱなしなだけなので何もおかしくないです。


はい、魔法使用の真っ最中なのにマジカが全く減っていません。
SSを撮る(瞬間的にこの状態にする)だけなら薬とかbuffとか活用で行けるかもだし
マジカがアレなことになる某サブクエストとか、なんだったらコンソールもあるけど
そういうのを使ったわけではなくって、実は今回のプレイでは…。


ついにやっちゃいました。消費マジカを完全に0にする付呪。
頭、胴、指、首に破壊魔法消費マジカ軽減が25%ずつついてて、4部位で計100%です。
回復も25%ついてるけど、完全に消費0になってるのは破壊魔法だけです。
Mod増し増しの環境ではあるけど、同性能のものはVanillaでも再現可能です。
ってゆーか付呪に関するModは特に入れてないので、この付呪自体、Vanillaです。


………………はい。ヾ(゜∀。)ノ
ぶっちゃけ、消費0付呪は有名なので敢えて言及することもないかもだけど(´∀`;)
「ダメージ」や「防御」の値に関してもVanillaと同等です。詳しくは後述。

以前(6周目の最後の記事よりは後)の雑記カテゴリーの記事でも少しだけ触れたけど
私はTESの世界では両手武器が一番「しっくり」来る…と、ずっと思ってたんですよね。
実際、TES4(Oblivion)では最終的にはTwo-handed Blade(両手剣)に落ち着いたし。
でも、TES5では、なんだか、本当になんとなくの感覚の話でしかないんだけど
何を使っても「しっくり」来ない感じがし始めてたんですよね(´-ω-`;)
6周目のプレイも、それが原因で中断されてたような状態になってました。

で、それでも何かひとつ、最も「しっくり」と「馴染んだ」ものを挙げるとしたら?
って改めて考えみたら、挙がってきたのが「破壊魔法」だったりしまして(´∀`;)
でもTES5では戦闘中は自然回復量が(ヘルス、スタミナ、マジカとも)激減するので
この仕様のせいで、TES4の時(特に1周目で私がやってた)みたいな
「基本は魔法、マジカが切れたら回復待ちを兼ねて武器攻撃」
っていう戦闘スタイルが基本的には通用しないんですよね。
だけどやっぱりマジカ薬をがぶ飲みするヤク中プレイはしたくないし…。

で、本当にアレコレと考えはしたんだけど、なんかもー、どーしよーもなくなって
今回、思い切って、開き直って、消費マジカ0装備を試してみることにヾ(*´∀`*)ノ
正直、流石にこれやっちゃうと、すぐ飽きそうな気もしてるんですけどねー…(´∀`;)
うーん、もういい加減に公式仕様に拘るのはきっぱりとやめ(諦め)ちゃって
本格的に何か大型のオーバーホール系のModでも探すべきだろーか…。

種族の性能は身長以外はノルド(冷気耐性50%持ち)と同等にしてあるので
全体としては炎耐性に若干の穴はあるけどいつものことデス、私のプレイでは。
この構成で行って炎耐性軽視するならダンマーにした方が効率はいいんだけど
近接主体(でやってた間)は最序盤から冷気耐性があるとすごく有り難いので…。
篭手は、つけたい付呪が弓上昇以外には特になかったので、もう一種はテキトーに。
ダガーは片手武器上昇の付呪が乗らないらしいですしネ。

前回の記事でも言った通り、今回は武器防具はだいたい自作品です。
その関係もあって、今回はパークもありでの強化になってます。
[余談]
厳密には、いつものマイルールに従って元になる装備を入手(自作)するだけして
Mod装備自体の性能をTES5Editでデイドラや碧水晶と全く同等に変更してある形。
(今にして思えばTES5Editでレシピをコピーすればいいだけだったけど。)
ただ、黒檀インゴットや研磨クジャク石で強化できるようにはしてあります。


短剣(苦無)の片方はデイドラの、防具一式は碧水晶の相当品ベースです。
ただし「古の知識」は未取得だし鍛冶・付呪強化ポーションも使ってません。
(鍛冶強化付呪は使ってます。防御値に関しては「大公の石碑」の効果込み。)
短剣のもう片方は、これまた前回言った通り某ユニーク武器相当品。
メンドイのでチャージ切れで放置してるけど、素の威力だけでもデイドラより強いので。


スキルはこんな感じに。鍛冶上げと付呪上げは終わってLegendary化済み。
実は能力ポイントが足りなくて付呪は15→100を2周やったっていう…(ノ∀`;)
幻惑(50予定)と変性(70予定)はまだ上げ途中。どちらもパークだけ目当て。

破壊魔法は、一応はちょこちょこ使ってたんだけど25までしか上がってなかったので
精鋭レベルの呪文書が購入可能になる40まで訓練で一気に上げちゃいました。
訓練費用は当然回収したのでファラルダ先生からも雇いの悪漢フラグが…ヾ(゜∀。)ノ
鍛冶と付呪が中途半端にまた上がってるのは、その訓練の関係でレベルを上げたくて。
なお、今のところは、弓(50まで)、破壊(40)、回復(50)だけ訓練に頼ってきてます。
(スリもある意味では訓練したようなものだけど。)

ヘルス、スタミナ、マジカは、今回は見ての通りヘルス偏重気味。
最終的には魔法一本で行くことは最初から決めてたわけなんだから
スタミナ、マジカはわざわざ上げる必要がなかったように思われそうだけど
スプリントですぐ息切れすると面倒かなと思って…まあ重量も上がるし…。
マジカは、例によって回復を回復魔法に頼ってるので、こちらも少々振りました。
うーん、最終的には大治癒を使うし、もうちょっと振ってもいいカナ?

錬金は見ての通り未着手。アイスストームあたりが使えないとサケ漁が面倒で…。
メインクエを進めてない(むしろアルデュインさんまだ寝てる)からシャウトも使えないし。
とはいえ鍛冶や付呪をLegendary化したら能力ポイントがだいぶ余っちゃったから
現時点ではもうレベル上げはやらなくてもいいかな…(´∀`;)
装備とか作り直さないとも限らないし、鍛冶と付呪は上げておこうかな。


隠密キル以外は破壊魔法一本で行くなら二刀流とかのパークはいらないんじゃ?
と思われそうだけど、それはそれとして、短剣の二刀流もちょっと試そうかなと。
暗殺者とかがこのスタイルで襲ってくると思うんだけど、実際、手強い気がしてて。
(黒檀とか、せめて碧水晶とか、かなり上位のダガーを装備してればの話だけど。)

TES4のGoblin Shaman先生やXivilai教授、あるいはLich系やFlesh Atronachみたいな
「魔法では挑まない方がいい相手」っていうのがTES5の世界にはいないっぽいし
マジカ消費を0にしたなら戦闘はもう破壊魔法一本で行けると思うんですケドネ。
…そういえばTES5は4と違ってSilence(沈黙)もないんだっけ、Vanillaでは(・∀・;)

基本的にはクロスボウともども隠密キル用に用意した短剣ではあるんだけど
余裕のあるような相手の時には、これでの近接戦もちょっと試してみる方向で。
先述したけどダガーは攻撃力上昇の付呪が乗らないっていう致命的な問題があるし
近接戦闘用としては他の武器を使った方がいいのは明らかな気もしてるけど…(-∀-;)


いつもの特に意味はない〆の一枚。(前回サボったけど)
上述通り、クロスボウや短剣も隠密キル用として引き続き使っていきます。
結局のところ、なるべくは隠密キルで片付けるのが一番楽なので(*'ω'*)

ついに手を出した消費マジカ0付呪だけど、俺TUEEEゲーは決して嫌いなわけではないし
それなりには遊べそうな気もしてるけど、果たしてどうなることやら…。
TES5は、TES4以上にModで好き勝手するのが正解かも、って前に言ったけど
これでダメそうなら(そしてそれでもまだTES5で遊びたいと思うのであれば)
本格的に別ゲー化するレベルのModの導入を考えることになる…かも。

ちなみに消費0付呪装備は作ったばっかりでまだ実際には運用してません。
※1枚目のSSは実際のプレイ中に撮ったわけじゃなくてブログ用に撮影してきたもの。
ここ(準備が整う)までは、前回の記事の通りで、近接戦闘メインでなんとか。
前回の記事で刀(片手武器)と脇差(盾)を使用してたSSは、そういうことデス。
魔法オンリーでも行けるようになった今、そちらはもうお役御免ですケドネ。
(一応、デイドラの剣(の相当品のMod装備)と碧水晶の盾(のry)も
 鍛冶スキルをLegendary化する前に強化して確保してあるけど。)

ひとまずは、この構成で好き勝手に暴れ回ってくるとしましょうヾ(*´∀`*)ノ
前の記事次の記事