【CWCRPG】2020年11月セッション2020/11/27 カテゴリー:TRPG
[お知らせ]
TRPG「カードワースチャットRPG」では、オンラインセッションへの参加希望者を
随時募集しています。未経験者大歓迎。よろしければこちらの記事もご覧下さい。


晩夏セッションでもGMをやってくれた、比較的最近にCWCRPGに参入してくれた
他システムで熟練者だったという人がまたGMをやってくれることになったので
そのセッションにPLとして参加してまいりました(・∀・)

[参加PC]ノアーニ・アイフォード
種族:人間
クラス:療治弓士(※「聖戦士」相当クラス)
ステータス:心7/技9/体6
 顔絵(C)焼きフォウ描いた人氏http://cw-fow.uh-oh.jp/
 (※独自に加工調整させていただいています。)
聖戦士、3回目の参戦。
…なんていうか、ぶっちゃけた話、見ての通り、このPCって突出した能力値がないから
心・技・体の「判定」に関わるロール(役割)をこなせないっていうのもあるんデスヨネ。
つまり、技が高ければ探索系、体なら力仕事、心は知識etcの判定を担当できるけど
このPC(のステータス)だと、担当できる仕事がないっていうね(ノ∀`;)

とはいえ、今回は詳しくは端折るけど、それを承知した上での初期振りではあります。
基本的には保険として必須職であるヒーラーであり、兼業として後衛火力っていう
ステータス的には完全に戦闘でのロール(役割)のことだけを考えた割り振りです。

…けど、そんなだから、なかなか、PTには組み込みにくくもありまして(´∀`;)
出番が久々になっちゃったのは、そーゆー面もあったりなかったり…。
今回は、PT編成の調整が上手く行ったので、このPCを使わせてもらうことにナリマシタ。
ってゆーか、出番少ないこのPCか魔術師かを使いたいかなーチラッ的なことを
チラッと言ってみたら、みんなそれに合わせてくれたってゆーか…ヾ(*´∀`*)ノ
ちなみに魔術師PCは能力的には問題なく、出番ないのは単に機に恵まれないだけデス。


一応、逆にいえば、他のPCのロール(役割)を奪うことがない、ともいえる…かな。
自分がいなくても他のPCだけで心技体の判定をそれぞれ担当できるような編成のPTでも
その中に放り込んだ場合に他PCとロール(役割)が競合しにくい利点はある、かも。
聖職者さんがいるとアレだけど、最低限、それでも火力としては役に立てはするし。
どんなゲームでも火力職のキャラは何人いても困りはしませんしね。(持論)

今回は少し変な設定のついたシナリオだったけど内容としてはよくある妖魔退治でした。
普段とは違うちょっと特殊な探索ルールとかも盛り込まれてたりしたんだけど…。
例によって詳しく知りたい人はぜひIRC#カードワースまで(いつものステマ

今回は、上で述べたような想定してるロール(役割)は存分にこなせた感じです(-∀-*)
戦闘回数も多めだったし、回復技能を使用する場面もあったし、なんとも上手い具合に
シナリオと噛み合ってくれた感じで、その面では、もう、いうことナシ!(・∀・*)

…それにしても、回復を使ったとはいっても少し(回数的には2回)だけでもあったし
これが、もし「心」特化型で純支援系の、まともな攻撃手段を持たない聖職者だったら
残念ながら、かなり暇することになってたでしょうね(-∀-;)

保険としての能力は聖職者の方が何かと強力だし、私は戦士PCあたりにしておいて
他の人が聖職者PC(あるいは私が新規作成するか)っていう編成案もあったんだけど
あくまで結果論に過ぎないけど、今回はそうしなくて正解だったようです(ノ∀`)
聖職者の補助魔法が必要な場面もなくもなかったけど、なくてもなんとかなったし。

前にクラスについての記事でも語ったけど、本当、扱いが難しいんですよね、聖職者。
もちろん、聖戦士は聖戦士で、聖戦士だからこその難しさはあるんだけど…(-∀-;)
何せ、聖戦士(と魔戦士もそうだけど)って、主要ステータスの心と技と体のうち
どうあがいても全部必須とかゆー意味不明なクラスだったりもするから…。
ぶっちゃけ、何が一番厄介かって、その成長ペナルティなんですけどね…(´Д`;)

とにかくヒーラーとしてのロール(役割)を担えるPCを、っていうのが一番にあって
そのためのクラスとして、私は、聖職者の代わりに聖戦士を選んだりしたわけで。
まあ、実は、PC紹介記事でも言ったけど、キャラメイク当時はここまでは考えてなくて
単純に聖職者は魔法の種類が多くて難しそうだから…っていうだけだったんだけど。

聖戦士は、使える魔法の数は聖職者に大きく劣るけど、代わりに戦士並の火力が出せて
今回は(運良くといっていいレベルだけど)それが上手くハマった感じカナ?(-∀-*)
私のこのPCの場合は「使いにくい」以前に「出しにくい」感じになっちゃってるけど
今後も、隙(?)を見て、出せる時には出していきたいデスネ。

今回のシナリオも、またちょっと「ゲーム」要素が強めの内容だったりして
ロールプレイ(演技)はあんまりやってる余裕がなかったりはしました(ノ∀`)
上級者ならロール(演技)しながら進行もできるんだろうけど…まあ…うん。
くり返すけどロールプレイ(役割)は十分にこなせた…と思う…たぶん…ので
今回はそれでヨシっていうことでひとつヾ(*´∀`*)ノ

ぶっちゃけ、内容としては本当に単なる妖魔退治…ダンジョンを探索しつつ
そこに巣食う妖魔を倒していくだけっていう、シンプルなものではあったので
今回ばかりは、流石に、あんまり語れることがなかったり…。

…今セッションの初ダイスで能力値高めの盗賊PCさんがファンブルを振ったりとか
別に特に手強くもないランダムエンカウント程度の敵との戦闘だっていうのに
まさかの怒涛の連続ファンブルで前衛の戦士様が大怪我を負ったりとか
そんなこともあったりしたけど、ある種の平常運転でございました(゜∀。)
ダイスの神は今日も我々を見守っておられます。
幸いとゆーか残念ながらとゆーか私のダイスは概ね安定してマシタヾ(*´∀`*)ノ

…あ、シナリオとしての「依頼」自体は問題なく完遂できたのでご心配なく(*'ω'*)
ベストエンドにはたどり着けなかったとか、そういうこともなかった(と思う)し
今回もまたセッションとしては「成功」を収められたことは確かデス(-∀-*)

今回は、ロールプレイ(演技)よりも、むしろロールプレイ(役割・分担)について
ちょっと改めて考えさせられるようなセッションでもあったかもしれません。
(GMがそう想定したわけじゃないだろうし完全に私の中でだけの話だけど。)

「心」特化型の純後衛、ではない、そこそこの「体」と高めの「技」を持つ前衛型も
聖職者のビルドのひとつとしてはアリ、っていうかテンプレレベルですらあるから
その型なら今回みたいな内容でもだいぶ活躍のチャンスはあったとは思うけど…。
やっぱり聖職者(と聖戦士)にしかできない仕事である回復魔法を主軸に考えたいし
純聖職者なら回復以外の補助魔法もあるから、どうしても心=MPを重視はしたい…。

………ゲーム的な面から考えると、なんだか、本当に難しいクラスです(-∀-;)
今までにも何度か言ってるけど、心特化の純後衛型も、平時はニート待機してるだけでも
心苦しさとかもどかしさとかを特に感じないようなメンタルの持ち主でさえあれば
ゲーム的な難易度としては最も簡単なクラスではあるんですケドネ。

…と、セッションとは直接は関係のない話が多くなっちゃった気もするけど
ともあれ、ここしばらくは妙に忙しい感じだったのが一段落した感じカナ。
今は次のセッションの予定も特にないし…。(またGMやりたいとは思ってるけど。)

GMやるためのシナリオの件もだけど、他にも考えたいことが出てきたりもしたわけだし
ひとまず、当面はのんびり構えていくこととしましょうヾ(*´∀`*)ノ
前の記事次の記事