ほぼ雑記みたいな内容なんだけど、最重要の本題(一応)はElona関連なので
当記事は、カテゴリーとしては「オフゲ」のElona関連記事とさせてイタダキマス。

 2019/02/03 【Elona】マイツール
 2019/06/06 【Elona】ヘルメスシミュレーター

前に、上記の記事にもしたElona関連の自作ツール(スクリプト)なんだけど…。
支配可能Lv計算機 ヘルメスシミュレーター
要点から先に言うと、この2つには不具合がありました。
いや、不具合っていうとちょっと違う感もあるんだけど…。

どんな不具合があったのかっていうと、数値を入力する箇所において
例えば「070」みたいに頭に意味のない「0」をつけて入力してしまうと
計算結果が派手にバグったりとかしてました。
ヘルメスシミュで速度「070」(潜在400)で祝福ヘルメスを飲んでみても
なぜか61ぐらいまで下がっちゃったりとか。「70」ならちゃんと上がってたんだけど。

現在は修正済みです。
頭に0をつけても意味のないものと認識されるよう変更した、ともいえます。(後述)
実際に修正(アップロード)したのは昨日(05/25)の22:30~22:40頃です。
※ヘルメスシミュの方は修正漏れがあって本日(05/26)21:50頃に再修正シマシタ。
ちなみにElona的名前生成ペット重量計算は特に問題ありません。
なお、私の自作品に関しては、例によって公式への問い合わせとかは絶対にしないで
何かあったら必ず私の方まで連絡をお願いシマス。→連絡先情報

本題(一応)はこれで終了。
詳細は当記事の続き↓で語るけど、特に見なくても問題はありませんヾ(*´∀`*)ノ
JavaScriptの関数の仕様とかの話だから、わかる人にしかわからないですしネ。
続きを読む →

魔術師の収穫で降ってくる「★小さなメダル」は、しばらくは貯めておいて
テキトーにある程度の数が集まってから、まとめて★ヘルメスの血と交換してました。
工房って地味にけっこー遠いから、あんまり頻繁に通うのもちょっとね…(´∀`;)
ちなみにメダル自体は、宝箱系産が少々で、あとは大半が魔術師の収穫産です。

★小さなメダルの有用な使い道に関しては、諸説あることと思います。
初心者なら、やっぱり★《賢者の兜》や★《ディアボロス》あたりがほしいところカナ?
(同等以上の性能の他の☆『ランダムアーティファクト』でも手に入れば別だけど。)
飾り付けに凝る人なら★ボスチェアや★鳥居を真っ先に、っていうこともあるでしょう。
パルミア周辺以外に居を構えててモノグサな人は★徴税士の納税箱が最優先かも。
某動画では、決戦に備えてPV底上げのための防具祝福用に、水と交換してたりも。

私は、基本的には全部★ヘルメスの血で、たまに★ガロクの槌をもらう程度かな。
もちろん、これまでに★すくつ探索許可証や家具類なんかは交換してあります。
昔は耐性パズル用の装備を作るために★ガロクの槌に頼ることもありましたね。

何はともあれ、大半の人は、最終的には★ヘルメスの血に行き着くかと思います。

最終的に★ヘルメスの血に行き着いたのだと思ってました。
続きを読む →
【Elona】MP回復手段の話2021/01/30 カテゴリー:オフゲ
前回の記事と微妙に関係あるようなないような話で、今の私のMP回復方法。
前回とはまた別の以前の記事でちょっとだけ語ったことはあったんだけど
今ではその方法は使ってなくて、そのことについて改めて。

あ、内容自体は、要するに、いつもの自己満足用の自分語り記事デスヾ(*´∀`*)ノ
続きを読む →
2020/01/05 【Elona】戦闘スタイル【両手持ち/盾/二刀流】

…っていう記事を書いて「二刀流最強伝説」(※ただし廃人に限る)を提唱したけど
実は、最近(今年7月上旬)、某所にて新説(?)が取り上げられてですね…。
というわけで、前回の記事への追記みたいな内容でもあるんだけど
そのことについて一応触れておきたいと思いマス。
続きを読む →
というわけで前回の続き…の、ような、別に続きではないような。
本当は前の記事でまとめて語りたかったんだけど、長くなりすぎたので
また単に記事を分割することにしただけっていうか(ノ∀`)

前回は、大雑把にまとめると

 ・重量挙げスキルを鍛えるには「重荷維持」が基本。
 ・「重荷維持」には★リトル捕獲玉が便利。
 ・ただし、捨てるともらい直しに行くのが地味にメンドイ。
 ・なので圧迫・超過時の一時置き場として四次元ポケットを利用。
 ・…するのは序盤は厳しいので、ペットに預ける。特に黄金の騎士が便利。

というような持論を延々と語りました。

今回は、それに関連する余談っていうか雑談っていうか自分語りっていうか
いつものチラ裏な感じのアレを少々ヾ(*´∀`*)ノ
続きを読む →
いつだったか、確かちらっと言ったことがあったような気がするんだけど
詳しく説明したことはなかったし、ちょっと語りたいなと思ってはいたテーマなので
あと例によってちょうど他に記事にできるようなネタも特にないことだし
私なりの「重量挙げスキルの鍛え方」について改めて軽く語ってみたいと思います。
ただの持論語りではあるので異論は認めるけど議論をする気はない(*'ω'*)

っていっても、やること自体は単純に「重荷」状態の維持です。
問題なのは「重荷維持」をするための、バックパック内の重量調整。
結論をいうと、序盤からそれをやりやすくするため、私は黄金の騎士を利用しました。

…あ、今回は別に裏技とか解析話とかは特にないのでご安心を(ノ∀`)
逆にいうと、超効率系の話ではないっていうことでもある。地道なスキル上げ。
なお、基本的には公式版準拠の内容となっています。
続きを読む →
ここでElonaの戦闘スタイルに関する話をひとつ。
Elonaでのいわゆる「近接職」には「両手持ち」「盾」「二刀流」の3つがあるけど
結局のところ、どれが良い(強い)のか?っていうお話を改めて。

今までに何度か話題に出しては断定的なことを言ったりもしてきたけど
考えが変わってきてる部分があるっていうか、根本的に勘違いをしてたりもしたので
ぶっちゃけた話、これまでの誤った発言内容についての釈明っていうか…(´∀`;)
と、とにかく、戦闘スタイルに関して改めて語ってみたいと思いマス。

なお、今回は両手持ち、盾、二刀流に限定して、遠隔武器と魔法の話は置いておきます。
それと、格闘や2盾(多盾)の話も、なんていうかもう別枠だし、置いておく方向で。
そのあたりに関する話は、またの機会にでも。(※機会があるとはいってない)
続きを読む →
2019/10/17 【Elona】エタフォ武器(吸)|2018/05/24 【Elona】エタフォ武器(英)
2018/11/24 【Elona】エタフォ武器(沌)|2018/04/12 【Elona】エタフォ武器(害)
2018/07/11 【Elona】エタフォ武器(狩)|2018/02/15 【Elona】エタフォ武器(死)
2018/05/27 【Elona】エタフォ武器(暗)

はい。
グレネ+ダメージ系発動のエタフォ武器を狙って、長らく願い杖リロとかやってたけど
別件で少し調べ物をしてたら、本当にそれでいいのか、ふと疑問が湧いたりしまして。

本題としては「グレネ+αの複数の攻撃系の発動効果がついた武器」と
「レベルアップで全属性追加ダメージをつけたグレネ発動つきの生き武器」とでは
「最終的に」は、果たしてどっちの方が強くなるのか、です。
今までは「最終的に」は前者の方が強いと根拠もなしに思い込んでたんだけど
ちゃんと検証したことはなかったので。…なのになぜ自信満々だったかは不明(゜∀。;)

[注意]
これ以降は解析情報に基づく話題を取り扱っており、内部数値にも触れます。
普通にプレイしている限りでは絶対に知り得ない情報を含むものであり
特に今回は、具体的な計算式を利用したり、開発言語の仕様にまで触れて行きます。
普通にプレイしている人が読むと、ゲームの楽しさを損なう恐れがあります。
当記事の閲覧等は、以上を予めご了承の上、自己責任の下で行って下さい。

続きを読む →
[注意]
当記事には通常のプレイでは知り得ない「解析」に関する情報が含まれます。
普通にプレイしてる人が読むと、ゲームの楽しさを損なう恐れがあります。
当記事の閲覧を行う、または行わない際には、自己責任の下でお願い致します。


以前、自作スクリプトに関する記事を書いたけど、またひとつ作ってみたり。
例によって何かあったらお問い合わせは当方まで。→連絡先情報
続きを読む →
【Elona】マイツール2019/02/03 カテゴリー:オフゲ
これまでに、何の断りもなく物置の方にアップロード(公開)してはいたものの
特に詳しく言及したことはなかった自作物について、今更ながら改めて少々。
なお、どれも仕様は公式版(*1)に準拠してます。してるはずです。と思います。
ヴァリアントでは仕様が違う場合があるかもしれないので要注意。
[(*1)補足:公式版とは]
基本的には公式サイトElonaのページで直接ダウンロードができる
 「最新の安定版 Elona ver1.16final」(1.16 reloaded fix 2)
 「開発版 Elona ver1.22」
 「クリスマス版 Elona xmas」(2009 Christmas Edition fix 1)
以上の3つのみ。(※2019/02/03現在)
あるいは現在入手不可だけど1.14とかの古いバージョンか。
他は全て非公式版(通称ヴァリアント)で、公式版とは違う部分が多数あります。

続きを読む →